-奈良自動車学校 教育方針-

常に遵法の真理に徹し明るい交通社会生活の建設を信念とし実践を心掛け和と譲り合いを先駆けとする立派な安全運転者育成を目的とし以って交通産業界に貢献することを教育方針とします。

基本操作

 車の運転技術等の限界を把握すると共に正しい運転姿勢で余裕の
ある運転が出来るようにします。

安全運転走行

 道路や交通の状況に素早く対応して安全で円滑な運転が出来る ようにします。

コメンタリードライビング

 ドライバーが運転中に交通状況の変化を短い言葉で声にだして運転する方法で運転に集中して危険な場面などを意識した運転が出来るようにします。

ケーススタディ

 事故の特徴的パターンについて実車を用いて模擬体験または観察等を行い危険の場面及び危険の防止とその対応について理解していただきます。

シミュレーター

 実車では危険を伴い容易に体験できない交通状況を模擬的に運転体験し「ヒヤリ」の経験を今後の運転の糧とし体験後にプレイバックすることにより安全運転意識を深めていただきます。

適性検査

 運転に関わりのある性格や心身機能また安全意識や運転態度及び認知判断力並びに行動能力を検査します。

運転行動チェック

 道路や交通の状況を的確に読み取り危険を予測し他の交通に気配りしながら法規に従った運転が出来ているかをチェックします。

飲酒状態体験

 特殊なゴーグルを掛けて飲酒状態時を体験する事により飲酒運転の危険性を理解していただきます。

応急救護

 交通社会人として命の大切さを再認識していただき応急救護に関する知識と技術を習得し事故現場等における必要な処置を身につけていただきます。

エコドライブ

 エコドライブを実施する事により経済性や安全性の向上に繋がり環境に優しい運転が出来るようにします。
資料請求・お問い合わせ
Go to Top